大手メーカーからリクルートに転職

4ヵ月間の転職活動記録

大手メーカーからリクルートへ転職して半年経って思うこと

f:id:tomato_t:20170813183245j:plain

20代後半で大手メーカーからリクルートへ転職しました。

 

半年経って思うことをまとめます。

 

転職したあと、人間関係や仕事に慣れる期間って1ヵ月とか3ヵ月とか、はたまた半年かかるとかいろいろ言われてますが、正直人による。この一言に尽きます。

そんなことを言っててもしょうがないので実体験をまとめたいと思います。

 

実際のところ半年経っても、仕事に慣れていません。正直とってもしんどいです。

何がしんどいかって、”仕事”のやり方が転職前と全く違うからです。

 

大手メーカーにつとめていたときは、仕事というものは上から降りてくるもので、やり方は大体決まっていて前年踏襲をして、少しでも自分なりに工夫を加えられれば御の字といった感じでした。

自分なりに工夫といっても、結局は上司やその上の偉い人の意志や方針にのっとって仕事を進めていけばそれでOKでした。

 

リクルートに入って直面したこと、それは”自分の意志”を問われることです。

そんなの入る前からよく聞いてたことなのですが、入社して仕事をしてみて改めてカルチャーショックを受けました。

あなたはどう思う?どうしたいの?どうすればいいと思う?そんなことを当然のように入社して問われ、そんなん入ったばっかでわかんないよ!!と心の中で叫ぶ毎日です。

当事者意識とかってよくリクルート用語であるけども、ほんとにリアルにガチで本気で実践してるんだなぁとびっくりとともに関心してしまいます。

 

今しんどいのは、カルチャーショックによるもので慣れていくための過渡期なんだと、自分に言い聞かせてなんとか頑張ってます。半年もすでに経ってるけど。。

 

頭がいい人も多いし、尊敬できる人も多いし、いい人も多いし、変わっている人も多い、本当にみんな個性的なので、自分を持つのが一番大事なんだろうなぁと実感しています。

 

実際に活用した転職エージェントサイト

LiBzCAREER

パソナキャリア

転職を考えたらまずは複数のサイトに登録し、自分と相性のいいエージェントを見つけるのが、スムーズな転職活動のポイントでした。

私が活用した上記サイトは丁寧なフォローで大変お世話になりました。