大手メーカーからリクルートに転職

4ヵ月間の転職活動記録

リクルート住まいカンパニーの企業概要と一次面接の内容

f:id:tomato_t:20170814143816j:plain
 
私は20代後半で大手メーカーからリクルートグループへ転職しました。
その時の面接について参考にまとめています。
 
リクルート住まいカンパニーの面接前に自分で整理した企業の概要と、一次面接の内容を紹介します。
 
※企業概要はHPなどの情報から簡単にまとめています。
リクルート住まいカンパニー〉
①概要
 ・住まいを中心とした暮らしの進化を追求し、幸せな個人や家族を増やす
 ・サービスはSUUMO、家事代行サービスなど

②風土
 ・コミュニケーション能力
 ・仕事へのスタンス
 ・自己信頼
 ・周囲を巻き込む力
 ・自ら仕事を創り出す
 ・思考の深さ
 ・人間性
 
③企業情報
 ・従業員数1,528名(男608名 女920名)
 (2017年時点)
 
※実際に受けた時の様子です
〈一次面接〉
①概要
 面接官:1名男性(現場マネージャー)
 時間   :1時間
 面接の様子:面接官が職務経歴書を見ながら、気になった点を順に質問される。
                    雰囲気は和やかでアットホームな感じであった
②面接の質問事項
 ・業務内容(簡単に)
 ・仕事で面白いと思うところ
 ・仕事で微妙だ(つまらない)と思うところ
 ・仕事での失敗
 
最初の20〜25分で簡単に質問をされて、そのあとの時間はこちらからの質問の時間にあてられました。
 
人事の方ではなかったので、見定めるというよりは人間性が会社とフィットしているかを見ているような比較的フランクな面接でした。
 

実際に活用した転職エージェントサイト

LiBzCAREER

パソナキャリア

転職を考えたらまずは複数のサイトに登録し、自分と相性のいいエージェントを見つけるのが、スムーズな転職活動のポイントでした。

私が活用した上記サイトは丁寧なフォローで大変お世話になりました。

 
 以上、リクルート住まいカンパニーの概要と一次面接についてです。